「うちわサボテンを食べてみたい!」というリクエストからヒントを得て

稲葉シェフは、ラヴィアンローズのオリジナル 前菜を出してくれました。

早速 試食!

お口の中にアボガドと一緒に広がる 甘みとトロミのある初めての美味しい体験でした!

うちわサボテンの代わりに冬瓜が 見事に変身した感じで

・・・

Goodです!

下の写真は、カニとアボカドのカネロニ仕立て

「カネロニ」とは、イタリア語で「大きな筒」という意味があるのでアボカドを薄くスライスして

それをドームに見立てて 中にカニ身とカニ味噌と玉ねぎときゅうりをマヨネーズレモンで

合えたものを詰めました。ソースは、トマトベースです。可愛く隣にサクランボを添えています。

レモンを縛ってアボカドに振りかけましたが・・・「旨〜い!」隣の席の院長の声!

 

あさりのクラムチャウダー

ラヴィアンローズのスープは、いつもハズレがないね。無類に美味しい!

何が入っているか?想像して・・すごく いい香りです。開けてみると・・

「パピオット」とは、紙包み焼の事 

中に真鯛と夏野菜が入っていて 白ワイン レモン 少しの薄口しょうゆベースに

ペッパーなども加え さっぱりとして新鮮さを伝える素材の歯ごたえが嬉しい食感

フランスのブルターニュ地方の郷土料理風と解説してもらいました。